ページビューの合計

2017年10月10日火曜日

充電式ソーからインパクトドライバとクリーナ まで買ってしまいました。

主に剪定作業として利用することが多くなり、少しだけわかってきました。
そして、バッテリの電圧を同じにして、他に2機種を購入してしまいました。
その言い訳を含めてブログに整理しておきます。

追加して購入した2機種

  • インパクトドライバー TD111DSMXB
  • 充電式クリーナ 10.8V  CL107FDZW


  • 最初に購入した充電式ソーJR104DSH


購入した3機種すべてをよく使っているので、ほぼ評価も終わりました。
今年は購入して良かったと感じています。

充電式ソー

所期の目的であった電動丸を利用しないようにする目的は達成できました。
綺麗さや速度を考えると丸鋸は捨てがたいので、使わないまま保管しています。
剪定用途が最も多くなり、慣れるとこれなしでは考えられません。
庭木の剪定や山での果樹の剪定と孟宗竹の切断にとても利用頻度が高いのです。
とにかく作業がとても楽なんです。機械ですから、安全面の配慮と切るときの配慮などが必要ですが、利用回数が多いのですぐに習得できます。
庭木剪定用の専用の刃でなければ作業効率がかなり落ちます。今はZソーのものを利用していますが、もう少し調べます。
鉄や杉板などの切断用途よりは遥かに活躍しています。

硬い材質(ステンレスなど)はやはり少し苦労します。しかし電池パワー任せなのでのんびり作業すればいいことです。
ステンレスを切ると刃がすぐに切れなくなるので、少し遊んでみました。
紙やすりを古い刃に貼り付けます。

簡単に巻きつけます。

接着剤で固定します。数時間でしっかり固定されます。

実際に木材のヤスリがけです。
これは楽ちん!
(^^)


とてもうまくいきました。

----------------------------------------------
インパクトドライバー
さて、次の購入したのはインパクトドライバーです。
これは長年利用していた、ドリルドライバーの電池が老朽化したのと、トルクの強いものが前から欲しかったので、ごく自然の成り行きで購入したんだと思います。
 いま準備しているのはこれだけです。

コンクリートの穴あけ
普通の穴あけとドライバー機能です。
パワーは予想していたよりも遥かに強く大満足です。

 長年使っていたドライバードリルですが、お別れです。

このインパクトドライバーは大容量電池が2つ同梱されているので買ったのも理由です。
つまり、剪定作業の電池切れ対策も目的でした。
これは目的のとおりになって嬉しかったですね。

木工と兼用です。利用が増えるとまた考えます。

 コンクリート用
AC100Vがない場所でもなんとかなりました。

大きな穴あけ用です。

10.8Vの電池が共通で使えるので、一石二鳥でした。
インパクトドライバーは購入してすぐにかなりの頻度で利用しています。そして今のところ大満足です。
電池の寿命が長いのとトルクが大きいんです。更にサイズが小さいのが気に入っています。山に持ち出しての穴あけ加工も申し分ありません。
---------------------------------------

クリーナー

最後に購入したのは作業場所を掃除するためのクリーナーです。
電池が付属していない機種を購入しました。
家の中で自慢して利用していたら、いつの間にか家の常備品です。

これは結果的に大失敗でした。
電池式であって軽いので、手軽に掃除ができるために家の中や車の掃除用に頻繁に使われています。
既に私の所有物ではなくななってしまったのです。仕方ないです。

0 件のコメント:

コメントを投稿