ページビューの合計

2017年9月18日月曜日

台風一過 アケビコノハはまだいました。(^^)

昨夜は強い台風18号が通過しました。
畑などの被害は心配していたほどではなかったです。ただ、修理にて戻りそうなところが壊れていたり、じっくりと調べなければなりません。

先日撮影したアケビコノハがまだいるかどうか確認に行きました。
実は大きなレンズに少し慣れたので、今朝はゆっくり撮影したかったのです。
見れば見るほど不思議な子です。
先日とほぼ同じ場所にいたんです。
ということはこの台風の中でもじっといたということでしょうか?

アケビの葉っぱを食べているんです。

今朝はあまり動きません。

 実は全く動かないんです。
触ると生きていることだけは確認できました。

 こちらが尻尾?

朝日が登ったので、そろそろお別れです。

成虫になるのも見てみたくなりました。
レンズが重いとやはり移動は疲れますね。
この場所はカラスなどの野鳥も結構いるところなので、成虫になれるかが少し心配です。

2017年9月14日木曜日

アケビコノハの幼虫 朝の散歩のレンズを180mmでテストしました。

朝の散歩も少し慣れたので、重いレンズ(180mm)を持って歩いてみました。
いきなり面白い子に出会ったのです。

 アケビコノハの幼虫です。面白い形をしているでしょう。
(教えていただきました。)(^^)
たしかにアケビお葉っぱを食べていました。
やはりこのレンズは重くて体力がないとじっくりと撮影できません。
成虫も見てみたいのですが、なかなか見つからないんです。

アオサギです。

陸に上げられたホテイソウです。
数日で干からびるはずです。
今年は児島湖に流入する河川でもホテイソウは盛んに取ってはここに捨てられているようです。
今朝も結構臭って来ています。

帰り道にダイサギとコサギに出会いました。
もう少しというところで一斉に逃げてしまいました。

朝の散歩の後で、畑仕事も少ししたのですが、1時間程度でギブアップです。
畑も収集がつかないことになっていますが、わずかづつの作業で形が戻ってきました。
冬野菜もなんとかなる気がしています。のんびりと時間をかけてやることに決めました。
以外に体力回復に手間取っています。
まだまだ諦めません。
焦らずゆっくり継続です。

2017年9月11日月曜日

瀬戸内海の朝!日の出の位置が大きく変化していた。

今朝は、チョコと私だけで砂浜を散歩です。
すべての行動がとてもゆっくりなのです。

 自宅からすぐの海が朝焼けでした。
直島の煙突が見えるんです。

 日の出です。
実はこの海岸で、だるま朝日が見えることはもうなくなったんです。
2週間位来ていない間に、日の出の位置は小豆島にかかるようになっていました。

 砂浜も歩くのが遅くて色んな発見もできます。

ガザミの甲羅です。実にたくさんあるんです。
もしかしたらイノシシが食べているような気もします。

 チョコは、私が歩くのが遅いのですぐに心配してきてくれるんですよ!
長い付き合いなので何となく分かるのかもしれません。

まだ、35mm単焦点レンズしか使っていません。
思いレンズはもう少し先ですね。

2017年9月10日日曜日

肺炎から退院し2日目です。朝は散歩もはじめましたが、厳しい現実!

退院2日目を迎えました。
なんとか一気に回復したくて、朝の散歩からもとの生活に戻そうとチャレンジです。
 児島湖からの景色です。
随分、日の出の位置が南に移動していることを実感です。

 病室からも見えていた常山です。
月が微かに!

 ここまでチョコと一緒に散歩したのですが、ここでギブアップです。
いつもの半分の距離で体が言うことを聞きません。
ここで家内に散歩は交代です。

すっかり日が昇ってきました。
私はかなりここで休憩です。

チョコは一瞬心配してきてくれました。

児島湖の朝日です。

 ネコジャラシ!

散歩が終わる頃にはチョコはすっかり諦めて、私を待ってくれました。
食事の後から今日は横にならないように頑張りましたが、厳しいですね。
体重測定したら入院前と比べて5kg減量していました。
なんとか早期に普通の問題に戻りたいです。
明日ももう一度普段の生活に戻すようにチャレンジします。

2017年9月8日金曜日

40.6℃ 初めての体験は恐怖でした。肺炎球菌ワクチンをすり抜ける。

検温しても、経験のない数字でした。
正直、高音が続く前後のことははっきりとは覚えておりません。
回復してからも思い出せないことが多いのです。思い出せる範囲で・・・・
入院初日に検温すると40.6℃でした。私自身、40℃以上の経験はなかったはずです。
入院して2日間はたしかにとてもしんどかったです。
40.6℃のときには目を閉じるといろんなことがまぶたの中に浮かんできました。家族のことが多かった気がします。ところが目を開けたら現実は全く違うんです。その繰り返しをしたと思います。
39.5℃を下回ってからのことは比較的よく覚えています。
入院4日めからは薬の効果が一気に現れ、体温の安定と炎症反応が下がったそうです。
いろんなことがわかったのですが、今の自分でわかっている範囲で病気の整理をしておきます。
病名:肺炎
私が、摂取した肺炎球菌ワクチンでは対応できていなかったものだそうです。このために最初時間がかかったそうです。まさに大当たりでした。宝くじでも買おうかな!
肺炎球菌ワクチンは意味が無いのかとお聞きしたのですが、大いに意味はあるそうです。最近肺炎に掛かる人の多くは風邪をこじらせてからの肺炎らしいのですが、その場合には効果アリとのこと。
反省:終活を真面目にしておく必要を痛感しました。
病院の対応が早くなければかなり危険だったことと、後遺症が全くない状態で帰れたのはラッキーとしか言い様がないと思いました。

 カメラを持ってきてもらったのですが、すぐに諦めました。

 入院期間中はずっと身体は紐でつながれていたようです。

説明は受けたのですが、見ることもなかったです。

 本日やっと家にかえることができました。
チョコはすぐに来てくれました。

チョコはしばらく無言で私とじっと遊んでいました。
お互いによく分かるようです。

明日からのんびりと一緒に遊ぼうね。(^^)