ページビューの合計

2017年3月14日火曜日

小鳥の巣箱を作ってみたい。今年はもう間に合わないそうなんですが・・・・・・

鳥の巣箱が作りたくなりました。
この時期になると庭にはシジュウカラがチョコの毛を集めて持ち帰っています。
毎年来る小鳥はメジロ、シジュウカラ、ヤマガラです。
スズメは我が家に勝手に巣を作っているので入らせないようにしたい。
今回はこの子達の巣箱を作ってみたくて、調べ始めました。
ところが、この時期はすでに巣は探して住んでいる時期なんだそうです。

昨年はブッポウソウのすだちを見ることができませんでしたが、ブッポウソウの巣箱は全部、どなたかが設置しているようです。あんな格好ならできそうな期待で、今からのんびりと考えることにしました。
秋までには設置完了の目標にします。
巣箱の設計図を早速ネットで調べると、どの巣箱もよく似ていることに気が付きました。

巣箱を作る上での注意点をリストアップしてみます。

  1. 合板は良くない。雨水にさらされるから!
  2. 巣箱の大きさは案外バラバラなんです。
  3. 小鳥の入り口の寸法には小鳥の種類によりなにかあるみたいです。
  4. 木にどうやって取り付けるかで構造が決まっている様子。
  5. 巣箱を実際に取り付ける方法を事前に決めておく必要がありそうです。木とか電柱とか、家とか
  6. 巣箱の材料は杉や檜の市販している板で十分のようです。カンナがけも必須ではないそうです。
  7. 底には水が流れるようにする。

入口の大きさはまだ調べ中です。

これはもっと先でもどうにかなりそう。
まずはシジュウカラが入れてスズメが入れないサイズを調べたい。

カメラを仕掛けたい。

巣箱の中か外に安価なカメラを仕掛けたいのです。これはこれからの課題です。

以上がここ数日のもやもやです。
今年こそブッポウソウの巣箱もじっくりと観察に行ってみたいです。
毎年タイミングが悪くて悔しい思いをしています。
確かライブ中継もしていたはずなのでそれも勉強しながら完成を目指します。

そう入っても、まずはシジュウカラの巣箱をターゲットに仮に図面を作ってみました。
今後どうなるでしょうか?
かなりのんびりと完成するはずです。
(^^)

0 件のコメント:

コメントを投稿