ページビューの合計

2017年10月18日水曜日

ポリカ屋根の修理をしました。 台風が来る前に!

9月の台風によって、倉庫横のポリカ屋根の一部が飛ばされました。
設置工事から10年以上で、樹脂製のフックセットが老朽化のために強風で飛んでしまったんです。ポリカもとてももろくなっているようです。
 3枚が残り、他は割れたり、その後飛ばされてしまったんです。

回収したポリカ
これは遮光性はあまりありません。
管理機や農業用の保管材料が雨に濡れてしまっているのですが、騒がなくてもいいとの判断で放置していました。そして、今年は台風はもう来ないと思い、修理はゆっくりとするつもりでした。ただ、修理するに方針などは徐々に固まりつつありました。

理想(なんとなく描いていた修理方向)

ポリカを中止して、ガルバリウム波板に全てを切り替える方向で固まりつつありました。
理由は遮光性です。みかんを保管する倉庫の窓から入る光で温度が上がるのを防ぎたかったのです。また収穫した野菜の仮置き場でもあるために遮光性を必要としていたのです。
ただ、ガルバリウム波板は工事に苦労しそうなので一気に進行していませんでした。波板を固定するための穴あけ加工は、下地が見えないので、いい加減な性格の私ではいらない穴がたくさん空いてしまいそうだったんです。
次の案が、全てを遮光性の高いポリカにすることです。
これは、ネットで調べるとありそうなんですが、具体的な商品と販売店が探せないままでした。
この段階で作業が停止していたんです。
(修理しないで、撤去することも視野に入っていました。)

台風接近

台風接近のニュースと雨天の連続と私の都合で、工事をするなら今日しかないのです。
最悪でも雨だけでも防ぎたい。風を防ぐための準備などを考えたら屋根の張替え工事のほうが早い気がしたからです。
波板が9尺(約2,700mm)もあるので、ホームセンターでトラックを借用しなければ運べません。貸し出し時間(1時間半)の関係と、ある程度の数のポリカを在庫していそうなお店は周辺に2店しかないのです。
急いで、開店に合わせて移動したり電話で問い合わせしました。
結局1店に、遮光性のポリカは5枚だけしかないことが判明したです。
5枚で工事する歯科ありません。(おそらく今日しか晴れない!)
不足する3枚は既存のものをそのまま利用します。

工事

購入したポリカの裏表はお店の方に聞いたのですが、家についたら忘れ、確認しようとしたら、文字が小さくて見えません。
 仕方なく、カメラで撮影し、拡大して確認!
シールが太陽と反対側でした。
メーカもアイリスオオヤマで、こんなものまで作っているんだということを時点で知りました。

 今回の固定金具(フックセット)です。実は2種類必要なんです。
樹脂製からステンレス製に切り替えました。
ワンタッチフックボルト
ナット方式のフックセット

本来であれば1種類で済むはずでしたが、板に固定していた部分をナット方式に切り替えたのです。

 これは波板にドリルで穴あけするための治具です。私の思いつき!

 こうやって穴あけします。なかなかいいアイデアだと自画自賛!(^^)

フックセットを捻じれば簡単に固定できます。

 後1枚
足場をしっかりと移動しながらの作業ですが、結構スムーズにできました。

 下から見るとこんな感じです!

 穴あけ失敗
やっぱり、見えているにも関わらず穴あけ位置を間違えました。
完成したら雨漏りの様子を見ながらシリコンで塞ぎます。

工事そのものは、所要時間3時間でとりあえず完成です。
フックはすべて取り替えです。
(少しだけナット付きフックの不足などで、もう少し工事が必要です。)
ただ、これで十分台風は迎えることができるはずです。
残作業は古い木材の完全撤去ですが、これは急ぎません。
全てのポリカを交換するのは?多分しないかなあ!
今回の工事では購入したばかりのインパクトドライバーと充電式ソー(一部カット作業発生)が大活躍し、大幅な時間短縮になりました。

隣の納屋も屋根や外壁のペンキ塗り換えが必要と痛感です。
そこまですれば後10年以上は使えるはず。

お帰りなさい!児島湖の水鳥!

お帰りなさい。
児島湖に水鳥が帰ってきました。
(^^)
ホームセンタに2往復することになり、児島この辺りで、カモらしき姿を見たのです。
2往復目に、カメラを持ち出しました。
 マガモ!
帰ってきてくれましたよ!しばし見とれました。
これから楽しませてくれそうです。

 ただいま!
礼儀正しいかもです。(^^)

 ダイサギも何やら嬉しそう!

なんとなく優雅に飛んでくれます。

疲れているんでしょうね。
この子は動きません。

 ヒドリガモも群れでいます。
コガモはあまりに遠かったです。

オオバンも!

これからは水鳥が楽しみです。

きれいな瀬戸内海の朝!イノシシよ行ってしまうのか!

雨ばかりが続きますね。今朝は僅かな雨の合間を狙って早くから、撮影に行きました。
早く行かなければならなかったんです。
前回の台風の被害を修復していないのに、次の台風も直撃しそうだとのニュースで慌てていただけなんです。
 久々の朝焼けは最高でした。

 アオサギと朝焼け

 なんと、これは?
広い砂浜に一方通行の足跡です。
向かった先は小豆島糧島でしょうか?
砂浜をいくら探しても他に足跡はありません。
イノシシ、しかもでかい!
小さな半島を柵で囲ってしまい、食べ物がなくなったので、外に行くしかないのでしょうね!
イノシシの対策に関しては、完全に行政の失敗の気がします。
彼らは羽がなくても、生きるために小さな行政区画なんか飛び出してしまいます。

 土庄方面!

暑い雲の隙間が良い演出をしてくれました。

 チョコはいつものように満足し、好きなように遊んでいます。


いろんな光の芸術を見せてもらった気がします。

なんと、海岸に生えていたきのこです。
大きいですよ!

今日は納屋の屋根の修理とその材料入手のときに冬の使者にも遭遇し、色々と撮影できましたが、それはまた別のブログで!

2017年10月14日土曜日

みかん イノシシの運動場になってしまいました。それ以外の被害も!

みかんの収穫はまだまだです。
我が家のみかんは酸っぱいのですが、今年は早くからリクエストが有り、みどり色のみかんを少しだけ収穫しています。すぐに無くなり追加収穫の状態!
昨年(じいじ!みかん頂戴!)は不作でした。 昨年本格的に収穫したのは12月だったんです。

今年は豊作のはずなんですが、みかん畑にはいろんな問題が発生しています。
 温州みかんです。
まだ酸味が強いのですが、今年は早くから希望があり、収穫しています。
わたしには酸っぱいのですが、美味しいと言ってくれます。

 デコポンです。デコポンは今年は大豊作の予定でした。
それは、糠喜びに終わりました。
果実が太り、枝が重みに耐えられなくなったんです。

見事にへし折られてしまいました。

枝を落としました。デコポンを1つだけ残してみましたが、さてどうなるか?
実はこの枝だけがデコポンなんです。私が接ぎ木したものなのでとても残念!

 他にもカミキリの被害ガアあります。放置すれば枯れてしまいます。

遅かったのですが、殺虫剤を穴から注入です。

 これは昨年枯れたみかんの後に植えたさくらんぼです。
やっと育ち始めたのに、今度はイノシシが根を掘り出しました。
実はみかん畑全てがイノシシの遊び場になっているんです。

さらに、道から出入りし、崖が崩れかかっているんです。 

 畑のいたるところに猪の出入り口があります。
仮の工事で有刺鉄線を張りましたが、イノシシは賢く直ぐに他の通路を作ります。
電気柵をここに設置することにしましたが、山の中なので、設置方法に思案しています。近日中に施工します。
そうしなければみかんの収穫もできない状態になっているのです。

更に問題があるんです。
台風の被害でみかんを保管する倉庫も修理しなければならず、これから大忙しです。
柚子はこれから色づきます。
香りは今がいいですよ!

少し頑張らなければ、みかんの収穫もピンチです。

2017年10月11日水曜日

瀬戸内海の朝 アオサギやイソシギ?など

静かな瀬戸内海の朝でした。
モヤが濃くて日の出は諦めていたのです。チョコとの散歩はいつも以上にゆっくりとしました。
この砂浜には時々流木が流れてきます。
今朝は小さな流木を3回も撮影したんです。いつものようにあるきながらの撮影です。

 まだ薄暗い時間でした。僅かに空が赤みを帯びていました。
 少し時間が立つと赤みが増します。
散歩が終了した時の撮影です。実は散歩が終わる頃になって朝日が急に見えたんです。

 急に見えた朝日です。

ウミネコです。

 どうもイソシギのようです。
はっきりはわかっていませんが、この時期ここではイソシギが撮影できるとお聞きしました。

 もう少し綺麗に撮影してみたいですね。

 霞んだ太陽とアオサギです。

ダイサギ、イソシギ、アオサギがいいバランスです。

いつも感じるのですが、アオサギは本当に動かないですね。

 イソシギも次回ははっきりと認識したいです。

 等朝の海岸にダイサギが獲物を待っているようです。

 パクッ!
小さなハゼのようです。

手持ちの撮影なのでアニメーションが動いてしまいました。
今朝、確認できた野鳥

ミサゴ、アオサギ、ウミネコ、ダイサギ、カワウ、カラス(ハシブト?)、シジュウカラ、セグロセキレイ、スズメ、イソヒヨドリ、イソシギ
小さなチドリ?(イソシギの半分程度の大きさ)ミサゴ、トビ、キジバト
私も随分鳥がわかるようになりました。(^^)