ページビューの合計

2017年6月24日土曜日

鬼女台(きめんだい)から始まった1日!星空からユウスゲ、ノハナショウブなど

星空が見えるかもしれないと、早朝に到着するように移動しました。
鬼女台(きめんだい)に向かう途中から雲が増えてきて心配でした。

 大仙と星空
間に合いました!(^^)

 蒜山方向です。
巨大な星はどうも金星のようです。

蒜山
 肉眼では見えなかった雲海もカメラが捉えていました。

 蒜山 一瞬の朝焼けです。

 大山
左端の近くからライトで合図を送ってくれていました。

 ヒルゼンバイカモ
まだ少しでしたがきれいです。

草原の虫たちも少し
いきものが動き始めます。

 朝露とのコラボは見ているだけできれい!

ユウスゲが少し咲いていました。

1日しか咲かない花は魅力があるらしく、虫たちがよく来ます。

 ノハナショウブ

 個々で見るこの花は格別です。

 セセリチョウ

 水滴から離れません。

 草原と樹木!

 ササユリが1つ残っていました。

きれいです。

 ハンカイソウ

トンボもたくさん

大山
早朝の撮影は修了しました。
他の写真は?  (^^)

この日の写真をyoutubeにアップしました。

この後からは雲が増え、自宅に移動する途中では土砂降りにも会いました。
素敵な一日になりました。

2017年6月19日月曜日

アユモドキの里に住む生き物探し!

早朝時間があったので、アユモドキの里に住む虫達を探してみました。
アユモドキを守る会のみなさんが、草刈り清掃をしておられました。

 ハラグロオオテントウのようです。とにかく大きいです。ナナホシの2倍くらいありそうです!初めてみました。
直径は10mmくらいでした。名前は後からわかったのでお腹の撮影をしていなかったのが悔やまれます。

 桑の葉っぱにいたんです。

たくさんの桑の実がまだ残っていました。
ごちそうさま!(^^)
実はブログの公開が遅れたのは写真の整理が遅れたからです。
不思議な写真も多く、アユモドキが住んでいる周辺にはいろんな、いきものも集まることを理解できました。

見た目には雑草しか見えません。

目が慣れてくるとイトトンボが多いんです。

かくれんぼ

赤虫が何者かに襲われていたようです。
撮影しているときにはよくわかっていませんでした。
写真をつなぐとなんとなくわかったんです。

トビケラの幼虫のようです。

よく見ると浅瀬には小魚が結構います。

水面には次から次へと

コフキトンボでしょうか?

これはシオカラトンボのようです。
最初はさっぱり理解できなかったんです。
実はこのトンボにはきれいな青色があるんです。光のマジックですね。

シオヤアブ

ショウジョウトンボ

アカスジカメムシとヤブジラミ
これは居場所をスーパーウーマンに教えていただいたのです。
自分では結局探せませんでした。

ツバメ!

ウチワヤンマ

ナミアゲハ

多分、ハシリグモです。

イトトンボの名前は諦めています。

でも、好きなんです。

この後から、アユモドキの調査に移動したのです。



アユモドキの放流から1年、生きていたんですよ!キリンビール岡山工場にて!

昨年の9月に放たれたアユモドキ
その後の様子が見えるかもしれないということでお邪魔させていただきました。
実はその前にアユモドキの里にもお邪魔したのですが、そちらの方は後からアップします。
最後にこの日の様子を動画にしています。

最初に感動です。
生きていたんですよ!
昨年放流したアユモドキです。

この日は大変な作業なんです。
池の水を抜き、不要なものを除去し、短時間でアユモドキの捕獲と開放なんです。
皆さんの努力には感服です。

最初に見つけた一匹で一気に皆さん笑顔です。

 素敵なにらめっこ!
(^^)

この工場でいつも見守っている人です。

 急ぎ計測です。

元気いっぱいで暴れまくってます。

大切にされていますね。

計測が済むとすぐにお別れなんですよ!

色がとても薄いアユモドキです。

 元気でいてね!

こんな子もいました。
「◯◯◯だって、・・・・・」


この日の様子を動画にしました。

元気でいるだけで嬉しくなりますね。
お世話されている方やキリンビール岡山工場の努力が報われ、アユモドキには良かったですね。